ブリーダー=動物好きは間違い




ブリーダー=動物好きは間違い

犬が好きでドッグブリーダーになる

犬が好きでドッグブリーダーになる

一般的に「ドッグブリーダー」になろうと考えている人の殆どは犬が好きで好きでしょうがないという人で、一日中、犬と接していないと気が済まないという人が多い様です。

その結果、常に犬と触れ合える職業として「ドッグブリーダー」という仕事に就きたいと考え、実際に「ドッグブリーダー」として働いている人は意外に多いのです。

その様な犬好きの人は犬が好きだという強い動機がありますから、「ドッグブリーダー」としての辛い仕事もやり通すことができるのです。


お金儲けでドッグブリーダーになる

お金儲けでドッグブリーダーになる

しかし、中にはなんとなく「ドッグブリーダー」という仕事をやろうとしている人や、お金儲けが目的で「ドッグブリーダー」になろうという人もいます。

しかし、「ドッグブリーダー」という仕事は常に犬と接する仕事で、それに加えて犬の健康状態に常に気を使い犬のために自分のすべての生活や時間を捧げる覚悟がないと長続きできない仕事です。

従って、「ドッグブリーダー」は本当に犬が好きな人がなるべき職業で、「ドッグブリーダー」という仕事は誰もが気軽にやっていい仕事とは言えません。大事なことは「ドッグブリーダー」は生き物を扱う仕事で命を預かる仕事だということを理解することです。

特に、「ドッグブリーダー」という仕事は犬を育て子犬を産み殖やし、子犬を流通させていくという仕事です。一見、簡単な仕事に見えますが自分が育てた子犬は可愛くて人に譲るのは嫌になることもありますし、逆に可愛くない子犬も産まれます。その様な過程で無責任な行動や命を粗末にするような行いはできません。

従って、ビジネスとして「ドッグブリーダー」を選択する場合はそれ相応の覚悟が必要ですし、「趣味のブリーダー」を目指す場合も無責任な行動や命を粗末にするような行いはできません。

そこが「ドッグブリーダー」の他の職業や趣味とは異なるところなのです。