ブリーダー活動にかかる費用




ブリーダー活動にかかる費用

犬を飼うための初期費用

犬を飼うための初期費用

「ブリーダー」活動に掛かる費用の前に、犬を飼うための費用を考えてみます。勿論、飼い主の犬の飼い方によって犬を飼うための費用も千差万別です。従って、ここでは非常に平均的で一般的な費用を考えてみます。

まず、犬を飼うための初期費用は、子犬の代金・登録料・血統書の名義変更・ワクチン接種・ケージ・キャリー・首輪・リード・ハウス・寝床・トイレトレー・ドッグフードなどが含まれます。そして、初期費用に加えて毎月の飼育費用(餌代)が掛かります。

子犬の代金は犬の種類によって大きく異なりますが、一般的な販売価格は以下の通りです。

柴犬 3万円~10万円
チワワ 34万円~19万円
ダックスフンド 34万円~14万円
トイプードル 34万円~20万円
ポメラニアン 35万円~25万円
マルチーズ 38万円~20万円
ラブラドールレトリバー 310万円~20万円
ゴールデンレトリバー 310万円~20万円

同じ犬で大きな価格差があるのは、オスとメスの違いや血統書の有無などによるものです。

また、子犬の代金を除いた初期費用は小型犬で2万円~3万円・中大型犬で5万円前後が相場です。また、1ヶ月の飼育費用は小型犬で月額5,000円~1万円・中大型犬で月額2万円~3万円という水準です。

従って、犬を飼うための初期費用として、一般的には小型犬で10万円~15万円・中型犬で15万円~20万円掛かると考えられます。そして、この金額に月額5,000円~2万円程度の飼育費用が掛かります。更に、予防注射代や病気やケガの獣医代が上乗せされます。


ブリーダーの初期費用

ブリーダーの初期費用

「ブリーダー」の初期費用は「ブリーダー」の規模によって大きく異なります。そこで、最も小規模な「ブリーダー」で考えてみますと、まず、ある程度のスペースが必要となることは言うまでもありません。自宅に空きのスペースがあれば別ですが、新たに借りる場合はそれ相応の費用が掛かります。

それに加えて、少なくとも数匹のメス犬を確保しなければなりません。犬の発情期は年に2回ですから、1匹のメス犬では年に数匹の子犬を産むのがやっとだからです。

従って、「ブリーダー」の初期費用としては、少なくとも犬を1匹飼う場合の初期費用の5倍程度の費用を用意する必要があると言えます。

しかも、この計算には事務所や犬小屋などの費用は含まれていません。