専門学校で知識を身につける




専門学校で知識を身につける

ネット・通信講座で勉強する

ネット・通信講座で勉強する

「ドッグブリーダー」になるには「動物取扱責任者」になることが必要条件ですが、それ以外に特に公的な資格が必要な訳ではありません。

しかし、「ドッグブリーダー」として独立して事業を行うためには、様々な専門知識が必要になることは言うまでもありません。

例えば、犬の生態に始まり犬の病気や健康管理の知識は必須です。また、血統の良い犬を作るための育て方や、犬の遺伝学的な知識などを持ち合わせないと血統の良い犬を供給できません。

これらの知識は基本的には独学で書籍を頼りにして勉強する方法やネット上にも様々な情報が載っていますし、通信講座などで勉強をすることも可能です。


ブリーダー専門学校で学ぶ

ブリーダー専門学校で学ぶ

「ドッグブリーダー」としての専門知識や動物看護士・トリマー(初級、中級、上級、教師)・認定ペットシッター・ペットシッター士・愛玩動物飼養管理士(1級・2級)・ 愛犬飼育管理士・愛護動物取扱管理士・ 家庭犬訓練士(初級、中級、上級、教師)・ 家庭動物販売士などの資格を取るには、専門学校に入ることも近道です。

「ブリーダー」やペット関連の資格が取れる主な専門学校は以下の通りです。

  • 国際ペット総合専門学校
  • 東京スクール・オブ・ビジネス
  • ビジョナリーアーツ
  • 東京コミュニケーションアート専門学校エココミュニケーション
  • 東京動物専門学校
  • 大宮国際動物専門学校
  • 国際ペットワールド専門学校
  • 高崎動物専門学校
  • つくば国際ペット専門学校
  • 中央動物専門学校
  • 大阪動植物海洋専門学校
  • 神戸動植物環境専門学校