トップレベルのブリーダー




トップレベルのブリーダー

ブリーダー経営に成功する

ブリーダー経営に成功する

トップレベルの「ブリーダー」を目指すのであれば、まず、「ブリーダー」としての経営に成功しなければなりません。つまり、「プロの大規模ブリーダー」であれ「プロの小規模ブリーダー」であれ「趣味のブリーダー」であれ、「ブリーダー」としての経営が成り立っていなければなりません。

例えば、「趣味のブリーダー」の場合も、本業で得た収入の範囲内で趣味としての「ブリーダー」の収支を合わせなければなりません。

従って、トップレベルの「ブリーダー」を目指す基本的な要素として、「ブリーダー」の経営が成り立っていなければ何も始まらないのです。

言うまでも無く「ブリーダー」は生き物を扱う仕事ですから、経営状態によって餌の量や動物の生活環境を決めることはできないのです。つまり、「ブリーダー」としての質を求める前に、ペットに必要最低限の生活環境を与えなければなりません。


ブリーダーとしての質を求める

ブリーダーとしての質を求める

そして、トップレベルの「ブリーダー」を目指すには「ブリーダー」としての質を高めなければなりません。「ブリーダー」としての質とは、突き詰めますとペットとしての良い犬や猫を輩出することに他なりません。例えば、見た目に可愛く躾(しつけ)の行き届いたペット犬で、血統にも問題の無い犬などです。

或は、飼い主が求めている犬を見つけてあげることも重要です。ペットは生き物ですから個性があり、飼い主との相性があります。犬好きの人からよく聞く言葉は、「この子は私に会うために生まれてきた犬だ」という様な言葉です。

つまり、他の飼い主が見向きもしない様な犬でも、その犬を必要とする飼い主を1人だけ見つければ犬も飼い主もハッピーに成れるのです。

また、犬を育て子犬が無事に生まれた瞬間や、犬が病気や怪我をしないで健康に育つのを見ているだけで「ドッグブリーダー」の遣り甲斐を感じる場合があります。

更に、「ドッグブリーダー」の遣り甲斐の1つに、自分の育てた犬を新しい飼い主に渡した後に感じる遣り甲斐が有るとも言います。特に、何年後かに飼い主からの近況で新しい飼い主の元で楽しそうに元気に過ごしている犬を見ることも、「ブリーダー」としての満足感を得られる瞬間かもしれません。