ショードッグを排出するブリーダー




ショードッグを排出するブリーダー

ドッグショーとは

ドッグショーとは

一般的にドッグショーとは、「ジャパンケネルクラブ」などが主催している犬の「品評会」を意味します。海外ではイギリスのクラフト展やアメリカのウェストミンスター展などは、大変有名な「ドッグショー」として知られています。

現在、日本では様々なクラブが開催する「ドッグショー」が、1年間に300回以上全国各地で開催されていると言われています。

「ドッグショー」などの「品評会」は、それぞれの犬種の理想に最も近い犬を評価する目的で行われます。「ドッグショー」などの「品評会」では、犬種ごとに理想像を定めた文書である「犬種標準・スタンダード」が審査の基準となります。

また、「犬種標準・スタンダード」は犬種の姿形・能力・性質などを保存するために定められたもので、繁殖指針として優良な犬を保存していく上で重要な資料となっています。

従って、「犬種標準・スタンダード」は「ブリーダー」やこれから「ブリーダー」を目指す人に対して、その繁殖の正しさを評価・賞賛する役割もあるのです。


ドッグショーはブリーダーには重要な刺激の舞台

ドッグショーはブリーダーには重要な刺激の舞台

「ドッグショー」は犬の品評会のようなものですから、「ブリーダー」にとっては発表の場であり他の「ブリーダー」の刺激を受ける場でもあります。

また、「ドッグショー」で人脈を作っておけば、良い血統の犬を譲ってもらえる可能性も出てきます。また、逆に自分が「ブリーダー」として育てた犬を、「ドッグショー」に出し認められる場合もあります。つまり、「ドッグショー」は「ブリーダー」にとって重要な宣伝の場でもあります。

更に、重要なのは「ドッグショー」が「ブリーダー」の情報交換の場であることです。

例えば、先輩「ブリーダー」から様々なアドバイスを受けることができます。また、「ドッグショー」はペット業界の新しい情報やトレンドを仕入れる場でもあるのです。 従って、現役「ブリーダー」に限らず、将来、「ブリーダー」を目指す愛犬家にとっては「ドッグショー」に出席することは重要な刺激の場となるのです。