ブリーダーとキャッテリーとの違い




ブリーダーとキャッテリーとの違い

ブリーダーとキャッテリー

ブリーダーとキャッテリー

一般的には「ブリーダー」と「キャッテリー」の違いを知らない人が多いようですが、厳密には猫の「ブリーダー」と「キャッテリー」には違いがあります。

もともと、「猫のブリーダー」も「キャッテリー」も猫の繁殖家という点では同じですが、「猫のブリーダー」と「キャッテリー」にはある点で決定的な違いがあります。

「キャッテリー」は猫の繁殖家を意味しますが、正規の血統書を発行認証している「TICA・The International Cat Association」と「CFA・The Cat Fanciers' Association」の両団体が正式に認定した猫繁殖家だけが「キャッテリー」を名乗ることが出来るのです。

つまり、正式に「キャッテリー」を名乗るには「TICA・The International Cat Association」か「CFA・The Cat Fanciers' Association」の認定を受け、「登録ナンバー証」を持っている純血統猫を持っている事が必要なのです。

従って、「キャッテリー」から譲り受けた猫は、完全な純血統の猫と考えて間違いありません。


猫のブリーダーになるには

猫のブリーダーになるには

趣味かビジネスに関わらず猫の「ブリーダー」になるために最も重要なことは、心身共に健康な雄猫か雌猫を手に入れることです。或は、雄猫と雌猫のつがいを手に入れることです。そして、交配前に獣医による猫の健康診断が必要です。即ち、病気の有無や各種のワクチンの接種状況や寄生虫の検査・駆虫も必ず必要となります。

言うまでも無く、病気の母猫が妊娠すると命に関わることもありますし、生まれて来る子猫に病気や障害が残ることもあるからです。

そして、雌猫を飼っている場合で雄猫に交配をお願いする時は、出来るだけ交配経験のある雄猫を探すと成功率が格段に高くなります。

更に、猫の妊娠期間は平均63日と人間に比べると格段に短いので、いつ生まれるかに注意を払わなければなりません。