経験を積んだら独立開業




経験を積んだら独立開業

ブリーダー独立開業までに準備すること

ブリーダー独立開業までに準備すること

「ブリーダー」独立開業までに準備することは多いですが、その中でも最も重要なことは「動物取扱責任者」になることです。「動物取扱責任者」になるには動物病院やペットショップでの実務経験半年以上か、専門学校などで関連する講座を受講することで認定されます。

「ブリーダー」独立開業までに準備することの2つ目は、実際にペットを飼う経験を積むことです。実際に犬や猫を飼うことで、ペットを飼うためのポイントを学ぶことができます。「ブリーダー」独立開業までに準備することの3つ目は、ペットの健康管理や血統などについての勉強をすることとペットを取り扱うスキルを磨くことです。

「ブリーダー」独立開業までに準備することの4つ目はどんな開業でも同様ですが、開業資金を貯めることです。開業資金は多過ぎて困ることはありません。

そして、最後に「ブリーダー」独立開業の前に、配偶者や家族の賛成を得ることが必要です。「ブリーダー」の独立開業には配偶者を初めとした家族の支援が欠かせません。


ペットの記録を取る

ペットの記録を取る

ペットを育てるうえで一番大切なのは食事で、食生活が整っていれば大抵は健康に育ってくれます。例えば、犬の食事は生で与えるのか、加熱するのか、ドッグフードを与えるかがあります。栄養的な面を考えると生の肉や野菜を与えた方が良いですが、加熱した方が消化には良い訳です。

また、室内犬はドッグフードが一番無難です。逆にチワワなどの室内犬はドッグフード以外の物を与えると、消化不良を起こすことが多いのです。

そして、「ブリーダー」開業後に意外に役立つことは、ペットの飼育記録を残すことです。

食事や体調などの毎日の犬の様子を事細かに書き込んでおけば、犬に異変が起き時の参考になります。また、犬のエサの量や内容によって、犬の消化の状態などを見ることができます。従って、毎日の餌の内容を記録することは、最も基本的なことです。また、犬の健康状態を記録することも同様に大事なことです。例えば、犬の糞の状態を記録するなどです。